IPL方式とSHR方式はどっちが効果があるの?

脱毛サロンを選ぶ際に重要なポイントの一つに脱毛方式があります。
医療脱毛ではないサロンで脱毛する場合はそのサロンがどの脱毛方式を採用しているかチェックしましょう。
脱毛方式は大きく分けてIPL方式とSHR方式があります。
今回はそれぞれの特徴をお伝えしていきます。

IPL脱毛とは

IPL(インテンス・パルス・ライト)という特殊な光を照射し、その光が毛根のメラニン色素に反応してダメージを与え減毛する方式です。
IPLは黒いメラニン色素に反応するため、太くて黒い毛に効果を発揮します。
IPLは、メラニンが多くなる成長期の毛に反応する特徴があるため毛の生え変わりのサイクル(毛周期)に合わせて2〜3ヶ月間隔で脱毛する必要があります。

医療脱毛と同じメカニズムですが照射のパワーがそこまで強くなく完全に毛根を破壊することができないので永久脱毛ではありません。

メリット
・太くて濃い毛に効果が高い
・脱毛の効果を実感できる
・脱毛時間が短い

 

デメリット
・うぶ毛や色素の薄い毛には効果がない
・日焼け肌には照射できない
・SHR脱毛より痛みが強い

 

SHR脱毛とは

SHR脱毛はSuper Hair Removal(スーパー・ヘアー・リムーバル)脱毛の略称で、光の熱を広い範囲に照射する脱毛の方式です。
毛根全体を包み込んでいる「毛包」に対して弱い光で熱を与え、毛を作る指令を出している「バルジ領域」に対してダメージを与える脱毛方式です。

バルジ領域の活動が弱まると毛を作るために必要な細胞が作られなくなるため、徐々に毛が少なくなっていきます。

毛の黒い部分(メラニン色素)に反応するわけではないので、毛の太さや濃さに関係なく色素の薄い産毛や金髪、白髪などに対しても脱毛効果が高いことが特徴です。

SHR脱毛の場合、毛包に対してダメージを与える方式なので、毛の成長するタイミングに合わせる必要が無いことが特徴です。

メリット
・日焼け肌、色黒肌、ほくろの毛、うぶ毛、色素の薄い毛にも施術が可能
・痛みが少ない
・脱毛完了が早い

 

デメリット
・効果が感じにくい
・永久脱毛ではない

 

まとめ

効果でいうとIPLに軍配が上がりますが、毛がそこまで濃くない人は髭以外はSHRで十分です。
IPLは痛いので脱毛に慣れるまではSHRが良いでしょう。
最近の傾向ではSHR脱毛の方が料金が安い事が多いのでまずはSHR脱毛で試して抜けきれなけらばIPLのマシンを使用するサロンで脱毛するやり方もありかなと個人的には思います。
最近ではIPLとSHRの両方の機能を備えているマシンもあるのでスタッフと相談しながら脱毛出来ればいいですね。